Q&A

このページでは、商標の実務や理解に役立つ外国商標情報または審決情報を紹介して参ります。ご参照ください。

最新Q&A

2020/09/28外国商標

マドプロ商標

マドプロ商標の登録証は、電子登録証のみになったのですか?

ただ今WIPOでは、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響により、国際登録証明書の郵送業務が休止され、電子化されたデータの送信のみが行われています。
今後、通常業務が再開され次第、申請により紙媒体の国際登録証明書が郵送されます。

2020/09/21審決

識別力

商 標 :「等方性高密度炭素」
商 品 : 第10類「業務用美容マッサージ器,医療用機械器 他」
    第21類「手動式美容用ローラー,鍋類,食器類,水筒 他」

「等方性高密度炭素」は、『等方性の密度の高い炭素』程の意味合いを認識させるものであり、実際に該文字が素材(材料)の名称としてさまざまな産業分野で使用されている実情にあることから、これに接する取引者,需要者は、商品の品質,原材料を普通に用いられる方法で表示したものと認識するに止まるとして拒絶されました(不服2019-6125参照)。

2020/09/14外国商標

Japan Trademark

Is it not enough to send you a signed and scanned POA to response to the provisional refusal of the International Registration?

It is not enough to send us a scanned copy of the signed Power of Attorney since Japan Patent Office request us to file an original POA.

2020/09/07審決

識別力

商 標 :「大人ビター」
商 品 : 第30類「チョコレート菓子,砂糖菓子,チョコレート,菓子 他」

「大人ビター」は、審査では『大人向けの苦い味を有する商品』を認識させるとして拒絶されましたが、審判では、原審説示の意味合いを暗示させる場合があるとしても、これが直ちに指定商品の用途,品質を直接的かつ具体的に表示するものとして取引者,需要者に認識させるとはいい難いものであるとして登録になりました(不服2019-8712参照)。

2020/08/31外国商標

レバノン商標

レバノン商標については、爆発の影響でまだ出願できないのでしょうか?

レバノン知的財産庁は、爆発事故の影響で業務が停止されていましたが、データも復元され、今週から出願業務を含めた全業務が再開される見込みです。

2020/08/24審決

識別力

商 標 :「EAA9」
商 品 : 第5類「サプリメント 他」

「EAA9」は、『必須アミノ酸(Essential Amino Acid)』の略称を表す文字として需要者に認識される場合があるとしても、自他商品識別標識としての機能を果たし得ないと言えほどに取引上一般に使用されてはおらず、また、需要者が自他商品識別標識としての機能を果たし得ないと認識する事情もないとして登録になりました(不服2020-4014参照)。

2020/08/17外国商標

アルジェリア商標

アルジェリア商標の更新にあたっては、使用証拠を提出する必要があるのですか?

いいえ、アルジェリア商標登録の更新手続にあたっては、委任状及び使用宣誓書(認証不要)を提出すれば足り、使用証拠を提出する必要はありません。

2020/08/10審決

識別力

商 標 :「速攻服用」
商 品 : 第5類「薬剤,サプリメント 他」

「速攻服用」は、審査では『すぐに飲むことができ、効き目が早い商品』を認識するとして拒絶されましたが、審判では、構成文字全体として特定の意味を有する成語となるものではなく、想起される意味合いも漠然としたものに止まり、商品の品質又は効能を表したものと直ちに認識させるものではないとして登録になりました(不服2020-3981参照)。

2020/08/03外国商標

ベトナム商標

ベトナム商標の更新の際には、登録証の原本を提出しなければならないのですか?

ベトナム商標の更新手続に際しては、裏書を希望する場合は登録証原本を提出しますが、必須書類ではないため、必ずしも登録証の原本を提出しなければならない訳ではありません。

2020/07/27審決

識別力

商 標 :「糖質活用」
商 品 : 第5類「薬剤,栄養補給剤,栄養補給用ドリンク剤,サプリメント 他」

「糖質活用」は、審査では『糖質を活用する商品』を認識させるとして拒絶されましたが、審判では、商品の具体的な品質等を表示するものとして、取引上一般に使用されている事実は発見できず、本願商標に接する需要者が、当該文字を商品の品質等を表示したものと認識すべき事情も発見できなかったとして登録になりました(不服2019-15627参照)。

カテゴリ(国別)

アジア
カンボジア (5)
タイ (9)
インド (9)
中国 (11)
ミャンマー (7)
フィリピン (11)
ブルネイ (2)
台湾 (9)
香港 (4)
マレーシア (8)
韓国 (5)
マカオ (4)
シンガポール (2)
インドネシア (7)
ベトナム (7)
モンゴル (1)
パキスタン (3)
ネパール (3)
ラオス (2)
スリランカ (2)
バングラデシュ (3)
ブータン (2)
モルディブ (2)
アフガニスタン (2)
北朝鮮 (2)
Japan (1)
オセアニア
サモア (3)
フィジー (1)
ソロモン諸島 (1)
ニュージーランド (2)
キリバス (1)
ツバル (1)
クック諸島 (1)
パプアニューギニア (2)
トンガ (1)
オーストラリア (3)
北米
アメリカ (14)
カナダ (11)
アフリカ
コンゴ民主共和国 (3)
タンザニア (1)
南アフリカ (2)
モロッコ (2)
モーリシャス (1)
マダガスカル (1)
エリトリア (1)
チュニジア (2)
OAPI (2)
ウガンダ (2)
タンガニーカ (2)
ザンジバル (2)
シエラレオネ (1)
ARIPO (1)
セントヘレナ (1)
スーダン (1)
ザンビア (1)
ジンバブエ (1)
スワジランド (1)
レソト (1)
サントメ・プリンシペ (1)
ルワンダ (4)
ナイジェリア (2)
ナミビア (2)
モザンビーク (3)
マラウイ (3)
コモロ連合 (1)
リビア (2)
リベリア (1)
カーボヴェルデ (1)
ブルンジ (2)
ソマリア (2)
アルジェリア (3)
コートジボワール (1)
ガーナ (1)
ガンビア (2)
ケニア (1)
ボツワナ (2)
エチオピア (1)
エジプト (1)
ジブチ (1)
アンゴラ (1)
欧州
EUTM (16)
ロシア (2)
ドイツ (2)
ノルウェー (2)
イタリア (1)
フランス (2)
イギリス (4)
マルタ (2)
ウクライナ (2)
キルギス (1)
リヒテンシュタイン (1)
タジキスタン (1)
アンドラ (1)
ベラルーシ (1)
ベルギー (1)
中東
ヨルダン (1)
イラク (2)
サウジアラビア (4)
パレスチナ自治区 (1)
ウェストバンク (3)
ガザ地区 (3)
アラブ首長国連邦 (7)
イエメン (3)
レバノン (3)
イラン (2)
シリア (4)
クウェート (4)
バーレーン (1)
クルド (3)
トルコ (2)
カタール (1)
アフガニスタン (1)
イスラエル (1)
マドプロ
マドプロ (28)
マドプロ(各国) (47)
中南米
ホンジュラス (3)
メキシコ (7)
コロンビア (3)
グアテマラ (4)
ベリーズ (3)
ニカラグア (4)
ボリビア (3)
エクアドル (3)
エルサルバドル (1)
ウルグアイ (4)
パナマ (1)
スリナム (2)
ガイアナ (2)
コスタリカ (3)
ベネズエラ (4)
アルゼンチン (5)
ペルー (2)
パラグアイ (2)
チリ (4)
ブラジル (4)
カリブ
ドミニカ共和国 (3)
バルバドス (2)
ケイマン諸島 (1)
バミューダ諸島 (2)
ドミニカ国 (2)
アルバ (2)
アンギラ (2)
バハマ (2)
イギリス領ヴァージン諸島 (1)
ジャマイカ (1)
ハイチ (2)
トリニダード・トバゴ (2)
キュラソー (1)
アンティグア・バーブーダ (1)
キューバ (1)

アジア ー中国ー

2019/02/11
中国商標

中国商標出願に関して、部分拒絶通知を受けたのですが、拒絶理由のない商品を登録するためには再審請求を行わなければなりませんか?

中国商標出願に関して部分拒絶通知を受けた場合で、拒絶理由のない指定商品のみの登録を希望する場合は、再審請求を行わなくても、そのまま登録が認められることになります。

2018/11/19
中国商標

中国において行政訴訟を行った場合、どのくらいで判決が出ますでしょうか?

中国の北京知識産権法院において行政訴訟を行った場合、早ければ開廷審理から2ヶ月程で判決が出ます。

2017/11/20
マドプロ商標(中国)

マドプロルートで中国で登録した場合、登録証明書はいつから取得できますか?

マドプロルートで中国を指定した場合は、拒絶理由がなければ、拒絶の通報期間である18ヶ月経過後に、登録証明書を申請-取得することが出来るようになります。

2017/04/24
中国商標

中国の商標費用が値下がりしたのですか?

はい、2017年4月1日より、中国商標出願費用や更新費用等に係るオフィシャルフィーが、50%値下げとなりました。

2016/12/19
中国商標

中国で異議申立を行う場合、以前出願の際に提出した委任状を援用できますか?

いいえ、中国で異議申立を行う場合は、個別委任状の原本を提出する必要があるため、当該委任状を援用することは出来ません。

1 2

識別力

2006/09/22
識別力

商 標 :「霜降り白菜」
商 品 : 第31類「はくさい」

「霜降り白菜」は、審査では『霜の降りたように白い斑点が散らばっている文様を有する白菜』の意味を表示したものとして拒絶されましたが、審判では、原審説示の如く指称するものとして取引上普通に使用されている事実はなく、むしろ、使用の結果、出願人に係る固有の商標として認識されているとして登録になりました(不服2005-3404参照)。

2006/09/21
識別力

商 標 :「親どり丸ごと」
商 品 : 第29類「スープのもと」

「親どり丸ごと」は、本願商標をその指定商品に使用しても、その商品が『成長した鳥を一匹全部使用して取っただし又はスープ』であることを認識させ、単に商品の品質・原材料等を表示するにすぎないものであって、自他商品の識別標識としての機能を発揮することはできないと見るのが相当であるとして拒絶されました(不服2000-11350参照)。

2006/09/20
識別力

商 標 :「割烹仕立て」
商 品 : 第30類「調味料」

「割烹仕立て」は、『日本料理店が作るような割烹の味つけにした』程度の意味合いを容易に看取させるものと認められ、また、「調味料」を取り扱う業界では「割烹」の語が「割烹の味」程の意味合いで普通に使用されているばかりでなく、「割烹仕立て」の文字も商品の説明書等で普通に使用されているとして拒絶されました(不服2003-24765参照)。

2006/09/19
識別力

商 標 :「無農薬宣言」
商 品 : 第29類「加工野菜及び加工果実 他」
    第30類「茶 他」
    第31類「野菜,果実 他」

「無農薬宣言」は、近年の消費者の食の安全に対する関心の高まりとも相俟って、その商品等に農薬が使用されていないことを需要者に向けて表明(宣言)したもの、即ち、食の安全・安心をうたった一種のキャッチフレーズ的な語句であると認識するに止まり、自他商品識別標識としては認識し得ないとして拒絶されました(不服2003-21892参照)。

2006/09/15
識別力

商 標 :「らくらくストレッチ」
商 品 : 第16類「紙製乳幼児用使い捨てトレーニングパンツ,紙製幼児用おしめ 他」

「らくらくストレッチ」は、審査では、インターネット上の「伸びるウェストギャザー」等の記載を併せ考えると、『楽に伸びるストレッチ素材を使用した商品』の意を容易に看取させるとして拒絶されましたが、審判では、直ちに原審説示の如き意味合いを看取し得るものとはいい難く、使用事実もないとして登録になりました(不服2004-3998参照)。

2006/09/14
識別力

商 標 :「あぶらフキフキティッシュ」
商 品 : 第16類「ウェットティッシュペーパー」他

「あぶらフキフキティッシュ」は、本願商標を、その指定に使用したときは、これに接する取引者・需要者は、該商品が『油又は脂を拭き取るのに適した商品』であるという、その商品の用途・品質等を表示する語として理解するに止まり、自他商品識別標識としては認識しないものと認められるとして拒絶されました(不服2004-10447参照)。

2006/09/08
識別力

商 標 :「花粉破壊」
商 品 : 第5類「花粉対策を目的とする衛生マスク 他」

「花粉破壊」は、審査では『花粉を破壊する作用のある商品』であることを表示するものとして拒絶されましたが、審判では、花粉症対策のための商品が広く流通している実情を考慮しても、当該文字が原審説示の如き意味合いで直ちに商品の品質・効能を具体的に表示するものと認識されるとはいい難いとして登録になりました(不服2005-5312参照)。

2006/09/07
識別力

商 標 :「耽美小説」
商 品 : 第16類「雑誌」

「耽美小説」は、審査では『耽美小説を掲載した雑誌』を表示するものとして拒絶されましたが、審判では、「雑誌」は必ずしも題号が商品の内容を表すものではなく、様々な題号が使用され、その題号をもって商品の識別が行われていることから、需要者は「耽美小説」なる題号の「雑誌」と認識し得るとして登録になりました(不服2004-17122参照)。

2006/09/06
識別力

商 標 :「液晶文庫」
商 品 : 第9類「通信ネットワークを通じてダウンロード可能な電子出版物その他の電子出版物 他」

「液晶文庫」は、審査では、『液晶技術を利用し、文庫本を電子化したもの』程の意を認識させるものとして拒絶されましたが、審判では、「液晶」「文庫」の語を一連に表してなる本願商標からは、原審説示の意味合いを直ちに看取し得るとはいい難く、また、取引上普通に使用されている事実も見出せないとして登録になりました(不服2005-2579参照)。

2006/08/30
識別力

商 標 : 「フレッシュブルー」
商 品 : 第3類「洗濯用柔軟剤,化粧品 他」
    第5類「芳香消臭剤,薬剤(入浴剤) 他」

「フレッシュブルー」は、青色系の一種の色彩を使用した各種商品にその色彩表示として使用されている事実から、色彩がその商品の特性上重要な要素となる商品に使用しても、需要者は該商品が青色系の一種の色彩であること、即ち、単に商品の品質(色彩)を表示するものと認識するというのが相当として拒絶されました(不服2004-24205参照)。

< 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 >
  • 外国商標Q&A
  • 審決Q&A
trademark@jpbrandz.com