Q&A

このページでは、商標の実務や理解に役立つ外国商標情報または審決情報を紹介して参ります。ご参照ください。

最新Q&A

2024/02/26審決

識別力

商 標 :「お別れ家族葬」
役 務 : 第45類「葬儀の執行,墓地又は納骨堂の提供,法要に関する相談 他」

「お別れ家族葬」は、審査では『故人とお別れの時間を過ごすことのできる家族葬に関する役務』程の意味合いを容易に認識させるとして拒絶されましたが、審判では、商標全体としては何らか具体的な意味合いが理解されるとはいい難く、ある程度統一的な意味合いで使用されているという事実もないとして登録になりました(不服2023-11565参照)。

2024/02/19外国商標

中国商標

中国商標出願に関して、BaaSは受け付けられますでしょうか?

中国商標出願に関して、Blockchain as a service [BaaS]は、第42類の役務として、今年2024年から受け入れられるようになりました。

2024/02/12審決

識別力

商 標 :「ギャルヘラ」
商 品 : 第30類「アイスクリーム用凝固剤,アイスクリームのもと 他」

「ギャルヘラ」は、原審説示の如く『秋田県のご当地アイスクリーム』であることを表示するものとして、一般に使用されている事実は発見できず、そのほか需要者が自他商品の識別標識としては認識し得ないというべき事情も発見できず、自他商品の識別標識としての機能を果たし得るものであるとして登録になりました(不服2023-10883参照)。

2024/02/05外国商標

マドプロ商標(アメリカ)

マドプロルートでアメリカに出願して拒絶がきた場合も応答期限は3ヶ月になったのでしょうか?

いいえ、オフィスアクションに対する応答期限が3ヶ月に短縮されたのは、アメリカへの直接出願の場合で、マドプロルートでアメリカに出願し、オフィスアクションが発せられた場合の応答期限は、従来通り6ヶ月となります。

2024/01/29審決

識別力

商 標 :「強炭酸のまま飲める炭酸割り専用ビネガー」
商 品 : 第32類「強炭酸水を使用した食酢を加味してなる清涼飲料 他」
     第33類「強炭酸水を使用した食酢を加味してなる果実酒 他」

「強炭酸のまま飲める炭酸割り専用ビネガー」は、指定商品との関係において、『炭酸が多量に含まれたまま飲むことのできる、炭酸水で割って飲む専用の西洋酢』ほどの意味合いを容易に看取させるものといえ、商品の品質を表示したものと理解されるにとどまり、自他商品の識別標識としては認識されないとして拒絶されました(不服2023-10533参照)。

2024/01/22外国商標

バミューダ諸島商標

バミューダの商標法は改正されるのですか?

はい、バミューダ諸島商標法は、イギリス法に基づいて改正され、商品役務分類や更新期間等、大幅に近代化されることになります。

2024/01/15審決

識別力

商 標 :「宇宙フェス」
役 務 : 第35類「広告業,マーケティング,販売促進のための企画及び実行の代理 他」

「宇宙フェス」は、『宇宙をテーマとする催し物』又は『宇宙をテーマとする催し物の会場にて販売される各種商品』といった役務の質(内容)又は提供の場所を表示するものとして取引に際し必要適切な表示であり、将来を含め、役務の質(内容)又は提供の場所を表示したものと一般に認識されるとして拒絶されました(不服2022-18139参照)。

2024/01/08外国商標

カンボジア商標

カンボジア商標の使用宣誓書について、グレースピリオドは認められますか?

いいえ、カンボジア商標登録に係る使用宣誓供述書については、グレースピリオド(猶予期間)は認められないため、登録日から5年~6年以内に提出しなければなりません。

2024/01/01審決

識別力

商 標 :「青」
商 品 : 第5類「燻煙剤」

「青」は、燻煙剤を取り扱う業界において、「青」の文字、又は、色彩を意味する語として容易に理解・認識され得る文字が、商品の品質(色彩)を表示するものとして一般に使用されている事実は発見できず、また、「青」の文字を商品の品質を表示したものと認識するというべき事情も発見できなかったとして登録になりました(不服2022-21119参照)。

2023/12/25外国商標

中国商標

中国商標訴訟に関する委任状には、領事認証が必要ですか?

中国商標の訴訟手続に係る委任状については、以前は領事認証が必要でしたが、2023年11月7日より、アポシティーユ(Apostille)で足りるようになり、領事認証は不要となりました。

カテゴリ(国別)

アジア
カンボジア (8)
タイ (10)
インド (10)
中国 (16)
ミャンマー (8)
フィリピン (13)
ブルネイ (2)
台湾 (12)
香港 (4)
マレーシア (9)
韓国 (9)
マカオ (5)
シンガポール (2)
インドネシア (8)
ベトナム (8)
モンゴル (1)
パキスタン (4)
ネパール (5)
ラオス (3)
スリランカ (2)
バングラデシュ (4)
ブータン (2)
モルディブ (2)
アフガニスタン (2)
北朝鮮 (2)
Japan (5)
オセアニア
サモア (3)
フィジー (2)
ソロモン諸島 (1)
ニュージーランド (3)
キリバス (1)
ツバル (1)
クック諸島 (1)
パプアニューギニア (2)
トンガ (2)
オーストラリア (3)
北米
アメリカ (19)
カナダ (12)
アフリカ
コンゴ民主共和国 (3)
タンザニア (1)
南アフリカ (2)
モロッコ (2)
モーリシャス (1)
マダガスカル (1)
エリトリア (1)
チュニジア (2)
OAPI (2)
ウガンダ (2)
タンガニーカ (2)
ザンジバル (2)
シエラレオネ (1)
ARIPO (1)
セントヘレナ (1)
スーダン (1)
ザンビア (1)
ジンバブエ (1)
スワジランド (1)
レソト (1)
サントメ・プリンシペ (1)
ルワンダ (4)
ナイジェリア (2)
ナミビア (2)
モザンビーク (3)
マラウイ (3)
コモロ連合 (1)
リビア (3)
リベリア (1)
カーボヴェルデ (1)
ブルンジ (2)
ソマリア (2)
アルジェリア (3)
コートジボワール (1)
ガーナ (1)
ガンビア (2)
ケニア (1)
ボツワナ (2)
エチオピア (1)
エジプト (2)
ジブチ (2)
アンゴラ (1)
エスワティニ (1)
欧州
EUTM (16)
ロシア (5)
ドイツ (2)
ノルウェー (2)
イタリア (1)
フランス (2)
イギリス (5)
マルタ (2)
ウクライナ (6)
キルギス (1)
リヒテンシュタイン (1)
タジキスタン (1)
アンドラ (1)
ベラルーシ (1)
ベルギー (1)
キプロス (1)
ウズベキスタン (1)
ルーマニア (1)
中東
ヨルダン (1)
イラク (3)
サウジアラビア (6)
パレスチナ自治区 (1)
ウェストバンク (3)
ガザ地区 (3)
アラブ首長国連邦 (10)
イエメン (3)
レバノン (3)
イラン (3)
シリア (4)
クウェート (5)
バーレーン (1)
クルド (4)
トルコ (2)
カタール (1)
アフガニスタン (1)
イスラエル (1)
マドプロ
マドプロ (35)
マドプロ(各国) (58)
中南米
ホンジュラス (3)
メキシコ (7)
コロンビア (3)
グアテマラ (4)
ベリーズ (3)
ニカラグア (4)
ボリビア (3)
エクアドル (3)
エルサルバドル (1)
ウルグアイ (4)
パナマ (1)
スリナム (2)
ガイアナ (3)
コスタリカ (3)
ベネズエラ (4)
アルゼンチン (5)
ペルー (2)
パラグアイ (2)
チリ (5)
ブラジル (5)
カリブ
ドミニカ共和国 (3)
バルバドス (2)
ケイマン諸島 (1)
バミューダ諸島 (3)
ドミニカ国 (2)
アルバ (2)
アンギラ (2)
バハマ (2)
イギリス領ヴァージン諸島 (1)
ジャマイカ (2)
ハイチ (2)
トリニダード・トバゴ (4)
キュラソー (1)
アンティグア・バーブーダ (1)
キューバ (1)

アジア ー中国ー

2024/02/19
中国商標

中国商標出願に関して、BaaSは受け付けられますでしょうか?

中国商標出願に関して、Blockchain as a service [BaaS]は、第42類の役務として、今年2024年から受け入れられるようになりました。

2023/12/25
中国商標

中国商標訴訟に関する委任状には、領事認証が必要ですか?

中国商標の訴訟手続に係る委任状については、以前は領事認証が必要でしたが、2023年11月7日より、アポシティーユ(Apostille)で足りるようになり、領事認証は不要となりました。

2022/02/28
中国商標

中国商標については、紙の登録証は発行されなくなったのですか?

はい、中国商標の登録証に関しては、2022年1月1日より、紙媒体の登録証は発行されなくなり、電子登録証の発行のみとなりました。

2021/08/30
中国商標

中国においては、同一商標同一商品の重複登録が可能なのでしょうか?

はい、中国商標に関しては、同一商標・同一指定商品/指定役務に係る重複登録が可能です。

2021/04/12
中国商標

中国商標の更新は、6ヶ月前からできますか?

中国登録商標に係る更新手続については、更新期限日の12ヶ月前から可能です。

1 2

公序良俗

2007/03/28
公序良俗

商 標 :「Buddha/仏陀」
商 品 : 第18類「かばん類,袋物 他」

「仏陀」は、仏教の信者は世界的にも多数存在するところ、我が国では仏教の開祖,釈迦ともみられるものであって、信者にとっては信仰の拠り所となるものでもあるから、本願商標を指定商品に使用するときは、仏陀の尊厳を損ない、信者の信仰上の感情を害し、延いては公序良俗を害する虞があるとして拒絶されました(不服2004-24437参照)。

2007/03/27
公序良俗

商 標 :「野口英世伝説」
商 品 : 第30類「菓子及びパン」

「野口英世伝説」は、遺族の承諾なく本願を登録することは、世界的に著名な死者の名声に便乗し、指定商品について商標の使用の独占をもたらすことになり、場合によっては故人の名声・名誉を傷つけるおそれがあるばかりでなく、公正な取引秩序を乱し、公の秩序又は善良の風俗を害するおそれがあるとして拒絶されました(不服2005-5730参照)。

2007/03/26
公序良俗

商 標 :「新東京機動隊」
商 品 : 第 9 類「業務用テレビゲーム機,ダウンロード可能なゲームプログラム 他」
役 務 : 第41類「通信ネットワークを用いて行うゲームの提供及びこれらに関する情報の提供(省略)他」

「新東京機動隊」は、審査では、『新しい東京都の機動隊』の意味合いを想起させ、これと関係のない出願人が自己の商標として採択・使用することは、社会の一般的道徳観念に反するとして拒絶されましたが、審判では、本願商標をその指定商品役務に使用することが公序良俗に反すると言うことはできないとして登録になりました(不服2006-1参照)。

2006/12/19
公序良俗

商 標 :「建築コスト管理士」
役 務 : 第41類「建築コストの知識及び技能に関する検定試験 他」

「建築コスト管理士」は、審査では、国家資格と紛らわしく誤認を生ずる虞があるとして拒絶されましたが、審判では、本願商標と同一又は類似の名称の国家資格は存在せず、また他の法律による使用規制の事実も見出せないことから、国家資格制度の秩序を乱す虞があるものと認めることはできないとして登録になりました(不服2005-4464参照)。

2006/09/12
公序良俗

商 標 :「ふらふらフラダンス」
商 品 : 第 9 類「移動体電話用ゲームプログラム 他」
役 務 : 第41類「通信ネットワークによるゲームの提供 他」

「ふらふらフラダンス」は、審査では、歌のタイトルである「ふらふらフラダンス」(もり・けん作詞)と一致するとして拒絶されましたが、審判では、歌の題名と一致することは認められるものの、本願商標を採択・使用することが、直ちに社会の一般的道徳観念に反するとする特段の事由は見当たらないとして登録になりました(不服2006-1154参照)。

2006/09/05
公序良俗

商 標 :「健身計画/けんしんけいかく」
役 務 : 第44類「医業,健康診断,健康管理及び生活改善のための情報提供」他

「健身計画」は、審査では、中華人民共和国の健康増進策を表す『全民健身計画』と酷似し、これを一私人が商標として採択するのは穏当でないとして拒絶されましたが、審判では、直ちに同政策を想起・認識するとは言い得ず、国家の威信を損ない国民を侮蔑する等、国際信義に反するものでもないとして登録になりました(不服2004-21835参照)。

2006/09/04
公序良俗

商 標 :「骨太博士」
商 品 : 第29類「乳製品,肉製品,豆腐 他」

「骨太博士」は、審査では、『骨太、つまりカルシウムの摂取等の研究による博士号』の意味合いを想起させ、あたかも公的に認定された博士号であるかの如く需要者の混乱を招き、もって公序良俗を害する虞があるとして拒絶されましたが、審判では原審説示のような意味合いを想起させるものとは認め難いとして登録になりました(不服2005-164参照)。

2006/08/09
公序良俗

商 標 :「野口英世」
商 品 : 第16類「文房具類 他」

「野口英世」は、世界的に著名な死者の氏名を、遺族と何ら関係を有しない者が、遺族等の承諾を得ることなく、商標として登録することは、故人の名声、名誉を傷つけるおそれがあるばかりでなく、公正な取引秩序を乱し、ひいては国際信義に反するものとして、公の秩序又は善良の風俗を害するとして拒絶されました(不服2003-23901参照)。

2006/08/08
公序良俗

商 標 :「武田信玄/TAKEDA SHINGEN」
商 品 : 第28類「ぱちんこ器具及びその部品」

「武田信玄」は、本願出願人はその遺族,武田神社,甲府市等と無関係であるにも拘わらず、その名声に便乗し利用しようとするものと推認されるとして審査で拒絶されましたが、審判では、本願商標をその指定商品に使用することは、社会公共の利益に反し又は社会の一般的道徳観念に反するものではないとして登録になりました(不服2005-8758参照)。

2006/06/01
公序良俗

商 標 :「アオレンジャー」

「アオレンジャー」は、石ノ森正太郎原作「秘密戦隊ゴレンジャー」のキャラクターの一人であり、出願人において創造した語とは認め難く、また、同出願人が他にも「ミドレンジャー」「キレンジャー」「モモレンジャー」の出願をしている点をも考慮するならば、それを剽窃して出願したものというべきであるとして拒絶されました(不服2004-21656参照)。

1 2 3 4 5 6 7
  • 外国商標Q&A
  • 審決Q&A
trademark@jpbrandz.com