Q&A

このページでは、商標の実務や理解に役立つ外国商標情報または審決情報を紹介して参ります。ご参照ください。

最新Q&A

2020/07/06外国商標

ボツワナ商標

ボツワナ商標出願について、委任状の認証は不要になったのですか?

はい、現在では、ボツワナ商標出願や更新に際して提出する委任状に認証は不要です。

2020/06/29審決

識別力

商 標 :「冷えケア」
商 品 : 第5類「サプリメント,食餌療法用飲料,食餌療法用食品」

「冷えケア」は、審査では『冷えをケアする』商品を認識させるとして拒絶されましたが、審判では、特定の意味を有する成語となるものではなく、想起される意味合いも漠然としたものにとどまり、商品の品質,効能又は用途を具体的に表示するものではなく、また、一般に使用されている事実もないとして登録になりました(不服2019-15004参照)。

2020/06/22外国商標

アメリカ商標

アメリカ商標について、先行商標の使用開始日より早い日付を記載して出願すれば、拒絶されないでしょうか?

アメリカ商標に関しては、先使用主義がベースとなってはいますが、先行商標の使用開始日より早い使用開始日を記載して出願しても、後願として拒絶理由通知が発せられます。
登録に導くには、先使用に基づく取消審判等の措置を取る必要があります。

2020/06/15審決

公序良俗

商 標 :「日本営業大学」
役 務 : 第41類「セミナーの企画・運営又は開催,電子出版物の提供,書籍の制作 他」

「日本営業大学」は、その構成中に「大学」の文字を有するとしても、「営業」の文字が、大学における教育内容を容易に想起させる語であるということはできず、大学の名称として採択される蓋然性もないことからすれば、学校教育法により設置された大学の名称を表したものと認識されるとはいい難いとして登録になりました(不服2019-15589参照)。

2020/06/08外国商標

カンボジア商標

カンボジア商標に関し、使用宣誓書提出時に登録証の原本を提出する必要があるのですか?

カンボジア登録商標に関し、以前は使用宣誓書提出時に登録証原本を提出する必要がありましたが、法改正により、登録証の写しを提出すれば足りることとなりました。

2020/06/01審決

識別力

商 標 :「スーパーキャバクラ」
役 務 : 第43類「飲食物の提供」

「スーパーキャバクラ」は、審査では『提供されるサービスがより優れたキャバクラにおける飲食物の提供』を認識させるとして拒絶されましたが、審判では、直ちに原審説示の意味合いを理解させるとはいい難く、むしろ、構成文字全体として特定の意味合いを想起させることのない一種の造語と認識されるとして登録になりました(不服2019-8851参照)。

2020/05/25外国商標

ニカラグア商標

ニカラグア商標につき、異議申立期間が短縮されたのですか?

ニカラグア商標出願に関しては、以前は公告日から2ヶ月間の異議申立期間が認められていましたが、法改正により、公告日から30日間に短縮されました。
なお、追加料金を支払うことにより、1回に限り、15日間の期間延長が可能です。

2020/05/18審決

識別力

商 標 :「一番酒場」
役 務 : 第43類「飲食物の提供」

「一番酒場」は、審査では『最もすぐれた居酒屋、この上もない居酒屋』程の意味を理解させるとして拒絶されましたが、審判では、直ちに原審説示のような役務の宣伝広告を表示したものとして理解されるとはいい難く、むしろ、全体として特定の意味合いを有しない一種の造語であると認識されるとして登録になりました(不服2019-9895参照)。

2020/05/11外国商標

アラブ首長国連邦商標

UAE商標に関し、料金が値下げされたのですか?

UAE商標に関しては、コロナ禍の影響に鑑み、2020年4月5日より、出願料と公告料がAED1,000からAED750に、登録料がAED6,700からAED5,000に減額されました。

2020/05/04審決

公序良俗

商 標 :「不動産経営力鑑定士」
役 務 : 第35類「経営に関する診断又は経営に関する助言,経営に関する情報の提供 他」

「不動産経営力鑑定士」は、『不動産事業を運営する能力を鑑定する資格を有する者』程の意味合いを想起させるものであるところ、“士”は末尾に配されて一定の国家資格をもった者を表すものとして理解される場合もあるが、本願商標と同一又は類似する名称の国家資格の存在や想起させるような事情はないとして登録になりました(不服2019-11352参照)。

カテゴリ(国別)

アジア
カンボジア (5)
タイ (9)
インド (9)
中国 (11)
ミャンマー (7)
フィリピン (11)
ブルネイ (2)
台湾 (9)
香港 (4)
マレーシア (8)
韓国 (5)
マカオ (4)
シンガポール (2)
インドネシア (7)
ベトナム (6)
モンゴル (1)
パキスタン (3)
ネパール (3)
ラオス (2)
スリランカ (2)
バングラデシュ (3)
ブータン (2)
モルディブ (2)
アフガニスタン (2)
北朝鮮 (2)
オセアニア
サモア (3)
フィジー (1)
ソロモン諸島 (1)
ニュージーランド (2)
キリバス (1)
ツバル (1)
クック諸島 (1)
パプアニューギニア (2)
トンガ (1)
オーストラリア (3)
北米
アメリカ (14)
カナダ (11)
アフリカ
コンゴ民主共和国 (3)
タンザニア (1)
南アフリカ (2)
モロッコ (2)
モーリシャス (1)
マダガスカル (1)
エリトリア (1)
チュニジア (2)
OAPI (2)
ウガンダ (2)
タンガニーカ (2)
ザンジバル (2)
シエラレオネ (1)
ARIPO (1)
セントヘレナ (1)
スーダン (1)
ザンビア (1)
ジンバブエ (1)
スワジランド (1)
レソト (1)
サントメ・プリンシペ (1)
ルワンダ (4)
ナイジェリア (2)
ナミビア (2)
モザンビーク (3)
マラウイ (3)
コモロ連合 (1)
リビア (2)
リベリア (1)
カーボヴェルデ (1)
ブルンジ (1)
ソマリア (2)
アルジェリア (2)
コートジボワール (1)
ガーナ (1)
ガンビア (2)
ケニア (1)
ボツワナ (2)
エチオピア (1)
エジプト (1)
ジブチ (1)
アンゴラ (1)
欧州
EUTM (16)
ロシア (2)
ドイツ (2)
ノルウェー (2)
イタリア (1)
フランス (2)
イギリス (4)
マルタ (2)
ウクライナ (2)
キルギス (1)
リヒテンシュタイン (1)
タジキスタン (1)
アンドラ (1)
ベラルーシ (1)
ベルギー (1)
中東
ヨルダン (1)
イラク (2)
サウジアラビア (4)
パレスチナ自治区 (1)
ウェストバンク (3)
ガザ地区 (3)
アラブ首長国連邦 (7)
イエメン (3)
レバノン (2)
イラン (2)
シリア (4)
クウェート (4)
バーレーン (1)
クルド (3)
トルコ (2)
カタール (1)
アフガニスタン (1)
イスラエル (1)
マドプロ
マドプロ (27)
マドプロ(各国) (46)
中南米
ホンジュラス (3)
メキシコ (7)
コロンビア (3)
グアテマラ (4)
ベリーズ (3)
ニカラグア (4)
ボリビア (3)
エクアドル (3)
エルサルバドル (1)
ウルグアイ (4)
パナマ (1)
スリナム (2)
ガイアナ (2)
コスタリカ (3)
ベネズエラ (4)
アルゼンチン (5)
ペルー (2)
パラグアイ (2)
チリ (4)
ブラジル (4)
カリブ
ドミニカ共和国 (3)
バルバドス (2)
ケイマン諸島 (1)
バミューダ諸島 (2)
ドミニカ国 (2)
アルバ (2)
アンギラ (2)
バハマ (2)
イギリス領ヴァージン諸島 (1)
ジャマイカ (1)
ハイチ (2)
トリニダード・トバゴ (2)
キュラソー (1)
アンティグア・バーブーダ (1)
キューバ (1)

アジア ーフィリピンー

2019/04/22
マドプロ商標(フィリピン)

マドプロルートでフィリピンを指定して登録になった後、使用宣誓書を提出しなかった場合はどうなりますか?

マドプロルートでフィリピン商標登録を行った後に、使用宣誓書を提出しなかった場合は、提出期限日から1年半後頃に、フィリピン知的財産庁から世界知的所有権機関(WIPO)に権利消滅の旨が通知され、その後、WIPOから名義人(代理人)宛にその旨の通知が届きます。

2017/09/25
フィリピン商標

フィリピン商標の使用証拠については、アメリカと同様、商品に商標が付された画像が必要となりますか?

フィリピン商標に係る使用証拠については、アメリカとは異なり、必ずしも商品に商標が付された画像が必要となる訳ではなく、広告宣伝資料等でも使用証拠と認められます。

2014/09/01
マドプロ商標(フィリピン)

マドプロルートのフィリピンで、5~6年目の使用宣誓書提出期間の起算日は国際登録日ですか?

いいえ、マドプロルートでフィリピンを指定して登録された場合の、5~6年目の使用宣誓書(Declaration of Actual Use)提出期間の起算日は、国際登録日ではなく、フィリピンにおける保護認容日(Date of Grant of Protection)です。

2014/03/10
フィリピン商標

フィリピン商標の使用宣誓書提出にあたって、現地署名及び現地認証での対処は可能ですか?

フィリピン商標の使用宣誓書提出にあたっては、当該現地代理人につき包括委任状を提出していれば、当該現地代理人による署名及び現地認証での対処が可能です。

2013/12/18
フィリピン商標

フィリピン商標について登録日から5年経過後に提出する使用宣誓書について、期間延長を行うことは出来ますか?

いいえ、フィリピン商標について登録日から5年経過後に提出する使用宣誓書については、提出期間の延長を行うことは出来ません。

2013/12/16
フィリピン商標

フィリピン商標について出願日から3年以内に使用宣誓書を提出できない場合、どうしたらいいですか?

フィリピン商標に係る出願日から3年目の使用宣誓書の提出については、6ヶ月の延長が認められていますので、当該延長期間内に提出できるようであれば、期間延長を行います。
一方、延長期間内でも使用宣誓書を提出できない場合は、出願日から3年の期間が経過する時点で、再出願を行うのが一般的です。

2013/09/25
マドプロ商標(フィリピン)

2010年登録の国際登録を基に、フィリピンを事後指定することはできますか?

いいえ、フィリピンは議定書第14条(5)の宣言をした加盟国であるため、当該国において議定書の効力が発生した2012年7月25日以前の国際登録を基に事後指定することはできません。

2013/03/06
フィリピン商標

フィリピン商標についてインターネットで調査することはできますか?

はい、フィリピン商標に関しては、以下のIPOPHLのサイトで調査することができます。
http://trademarks.ipophil.gov.ph/tmsearch/

2013/01/30
フィリピン商標

フィリピンでは登録時に使用証拠を提出しなければなりませんか?

フィリピンでは、登録時に使用証拠を提出する必要はありません。
ただし、出願日から3年以内に、使用証拠を付した使用宣誓書(Declaration of Actual Use)を提出しなければならず、提出しなかった場合は、当該商標権は放棄されたものとみなされます。

2013/01/25
マドプロ商標(フィリピン)

マドプロルートの場合は、出願日から3年以内に使用宣誓書を提出しなくてもいいですか?

いいえ、フィリピン商標につきましては、マドプロルートの場合でも、国際登録日から3年以内に使用宣誓書を提出しなければなりません。

1 2

識別力

2020/06/29
識別力

商 標 :「冷えケア」
商 品 : 第5類「サプリメント,食餌療法用飲料,食餌療法用食品」

「冷えケア」は、審査では『冷えをケアする』商品を認識させるとして拒絶されましたが、審判では、特定の意味を有する成語となるものではなく、想起される意味合いも漠然としたものにとどまり、商品の品質,効能又は用途を具体的に表示するものではなく、また、一般に使用されている事実もないとして登録になりました(不服2019-15004参照)。

2020/06/01
識別力

商 標 :「スーパーキャバクラ」
役 務 : 第43類「飲食物の提供」

「スーパーキャバクラ」は、審査では『提供されるサービスがより優れたキャバクラにおける飲食物の提供』を認識させるとして拒絶されましたが、審判では、直ちに原審説示の意味合いを理解させるとはいい難く、むしろ、構成文字全体として特定の意味合いを想起させることのない一種の造語と認識されるとして登録になりました(不服2019-8851参照)。

2020/05/18
識別力

商 標 :「一番酒場」
役 務 : 第43類「飲食物の提供」

「一番酒場」は、審査では『最もすぐれた居酒屋、この上もない居酒屋』程の意味を理解させるとして拒絶されましたが、審判では、直ちに原審説示のような役務の宣伝広告を表示したものとして理解されるとはいい難く、むしろ、全体として特定の意味合いを有しない一種の造語であると認識されるとして登録になりました(不服2019-9895参照)。

2020/04/20
識別力

商 標 :「ココ椰子」
商 品 : 第32類「ビール,果実飲料,飲料用野菜ジュース,清涼飲料 他」

「ココ椰子」は、審査では『ココ椰子の実(ココナッツ)を使用した商品』であることを表したものとして理解されるに止まるとして拒絶されましたが、審判では、原審説示の意味合いを直ちに認識させるとはいい難く、また、商品の品質を直接的に表示するものとして一般に使用されている事実もないとして登録になりました(不服2019-9435参照)。

2020/04/06
識別力

商 標 :「野菜チャージ」
商 品 : 第 5 類「サプリメント」
    第30類「飲料用青汁,粉末状の飲料用青汁のもと,飲料用野菜ジュース 他」

「野菜チャージ」は、飲食料品の業界において、特定の原材料や成分を補給するための商品であることを表すものとして「○○(原材料・成分)チャージ」の文字が使用されている実情があることから、需要者をして、『野菜に含まれる成分を補給する』という商品の特徴を簡潔に表した宣伝広告と認識させるとして拒絶されました(不服2019-7934参照)。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >
  • 外国商標Q&A
  • 審決Q&A
trademark@jpbrandz.com