Q&A

このページでは、商標の実務や理解に役立つ外国商標情報または審決情報を紹介して参ります。ご参照ください。

最新Q&A

2024/05/20外国商標

スーダン商標

スーダン商標出願は、受付が再開されましたか?

はい、スーダン商標に関しては、内紛で10ヶ月ほど商標業務が停止されていましたが、2024年2月11日に業務が再開されました。

2024/05/13審決

識別力

商 標 :「食べられる歯がため」
商 品 : 第30類「菓子」

「食べられる歯がため」は、食品と関連する取引業界においては、赤ちゃんの歯固めに使える食材や食品が多数存在しており、現に食べることができる素材からなる歯固め(干し芋、クッキーなど)が製造、販売又は紹介されている実情から、『食べることができる歯固め(菓子)』程度の意味合いを認識させるとして拒絶されました(不服2023-3293参照)。

2024/05/06外国商標

韓国商標

韓国商標についてもコンセント制度が導入されるんですか?

はい、韓国においては、商標コンセント制度に関する法律が2024年5月1日に施行されました。

2024/04/29審決

識別力

商 標 :「最強のラーメン」
商 品 : 第30類「ラーメンの麺,具及びスープ付きのラーメンの麺,即席ラーメン 他」

「最強のラーメン」は、麺製品を評価する際に、「一番おいしい麺製品」「一番人気の麺製品」であることを誇称するための表示として、「最強の○○」の文字が一般に使用されている実情から、本願商標を指定商品に使用しても『一番おいしい(人気の、おすすめの)ラーメン』程の意味合いを認識させるとして拒絶されました(不服2022-19146参照)。

2024/04/22助成金

海外商標助成金

東京都の外国商標出願助成金の受付は、いつから始まりますでしょうか?

東京都知的財産総合センターによる令和6年度の外国商標出願費用助成事業に係る第1回目の申請受付は、本日令和6年4月22日(月)~5月14日(火)17時までとなります。

https://www.tokyo-kosha.or.jp/chizai/josei/shohyo/

2024/04/15外国商標

ウエストバンク商標

ウエストバンクの商標業務は再開されていますか?

ウエストバンク(ヨルダン川西岸地区)商標に関しては、ガザ侵攻により、全ての法的期限が凍結されていましたが、2024年1月7日から通常業務が再開されています。

2024/04/08審決

識別力

商 標 :「飲むアイス」
商 品 : 第30類「アイスクリーム,氷菓,アイスクリームのもと 他」

「飲むアイス」は、飲食料品の取扱分野においては、『飲むように食べられるアイスクリーム』について、「飲むアイス」「飲むアイスクリーム」と表現してしばしば宣伝、販売等している実情が認められることから、需要者は、宣伝広告用の語句であると容易に理解し、自他商品の識別標識としては認識しないとして拒絶されました(不服2022-16982参照)。

2024/04/01外国商標

ドミニカ国商標

ドミニカ国商標の存続期間は14年なんですか?

ドミニカ国商標権に係る存続期間は、以前は14年でしたが、現在では出願日から10年となっています。

2024/03/25審決

識別力

商 標 :「和牛入れすぎカレー」
商 品 : 第29類「レトルトパウチした和牛肉入りのカレー 他」

「和牛入れすぎカレー」は、単に『和牛肉が多く入ったカレー』程の意味合い、即ち、商品の品質を表したものと認識するに止まり、“肉入れすぎカレー”等と称した肉が多く入った商品「レトルトパウチしたカレー」が販売されている事実が認められることから、自他商品の識別標識としての機能を果たし得ないとして拒絶されました(不服2022-8984参照)。

2024/03/18外国商標

トルコ商標

トルコ商標に関して、不使用取消審判の請求は可能ですか?

トルコ商標に関して、不使用取消審判の請求は可能です。2024年1月10日より、取消審判の判断主体が裁判所からトルコ特許商標庁に移管されたため、迅速な解決が期待されます。

カテゴリ(国別)

アジア
カンボジア (8)
タイ (10)
インド (10)
中国 (16)
ミャンマー (8)
フィリピン (13)
ブルネイ (2)
台湾 (12)
香港 (4)
マレーシア (9)
韓国 (9)
マカオ (5)
シンガポール (2)
インドネシア (8)
ベトナム (8)
モンゴル (1)
パキスタン (4)
ネパール (5)
ラオス (3)
スリランカ (2)
バングラデシュ (4)
ブータン (2)
モルディブ (2)
アフガニスタン (2)
北朝鮮 (2)
Japan (5)
オセアニア
サモア (3)
フィジー (2)
ソロモン諸島 (1)
ニュージーランド (3)
キリバス (1)
ツバル (1)
クック諸島 (1)
パプアニューギニア (2)
トンガ (2)
オーストラリア (3)
北米
アメリカ (19)
カナダ (12)
アフリカ
コンゴ民主共和国 (3)
タンザニア (1)
南アフリカ (2)
モロッコ (2)
モーリシャス (1)
マダガスカル (1)
エリトリア (1)
チュニジア (2)
OAPI (2)
ウガンダ (2)
タンガニーカ (2)
ザンジバル (2)
シエラレオネ (1)
ARIPO (1)
セントヘレナ (1)
スーダン (2)
ザンビア (1)
ジンバブエ (1)
スワジランド (1)
レソト (1)
サントメ・プリンシペ (1)
ルワンダ (4)
ナイジェリア (2)
ナミビア (2)
モザンビーク (3)
マラウイ (3)
コモロ連合 (1)
リビア (4)
リベリア (1)
カーボヴェルデ (1)
ブルンジ (2)
ソマリア (2)
アルジェリア (3)
コートジボワール (1)
ガーナ (1)
ガンビア (2)
ケニア (1)
ボツワナ (2)
エチオピア (1)
エジプト (2)
ジブチ (2)
アンゴラ (1)
エスワティニ (1)
欧州
EUTM (16)
ロシア (5)
ドイツ (2)
ノルウェー (2)
イタリア (1)
フランス (2)
イギリス (5)
マルタ (2)
ウクライナ (6)
キルギス (1)
リヒテンシュタイン (1)
タジキスタン (1)
アンドラ (1)
ベラルーシ (1)
ベルギー (1)
キプロス (1)
ウズベキスタン (1)
ルーマニア (1)
中東
ヨルダン (1)
イラク (3)
サウジアラビア (6)
パレスチナ自治区 (1)
ウェストバンク (4)
ガザ地区 (3)
アラブ首長国連邦 (10)
イエメン (3)
レバノン (3)
イラン (3)
シリア (4)
クウェート (5)
バーレーン (1)
クルド (4)
トルコ (3)
カタール (1)
アフガニスタン (1)
イスラエル (1)
マドプロ
マドプロ (35)
マドプロ(各国) (58)
中南米
ホンジュラス (3)
メキシコ (7)
コロンビア (3)
グアテマラ (4)
ベリーズ (3)
ニカラグア (4)
ボリビア (3)
エクアドル (3)
エルサルバドル (1)
ウルグアイ (4)
パナマ (1)
スリナム (2)
ガイアナ (3)
コスタリカ (3)
ベネズエラ (4)
アルゼンチン (5)
ペルー (2)
パラグアイ (2)
チリ (5)
ブラジル (5)
カリブ
ドミニカ共和国 (3)
バルバドス (2)
ケイマン諸島 (1)
バミューダ諸島 (3)
ドミニカ国 (3)
アルバ (2)
アンギラ (2)
バハマ (2)
イギリス領ヴァージン諸島 (1)
ジャマイカ (2)
ハイチ (2)
トリニダード・トバゴ (4)
キュラソー (1)
アンティグア・バーブーダ (1)
キューバ (1)

アジア ー中国ー

2024/02/19
中国商標

中国商標出願に関して、BaaSは受け付けられますでしょうか?

中国商標出願に関して、Blockchain as a service [BaaS]は、第42類の役務として、今年2024年から受け入れられるようになりました。

2023/12/25
中国商標

中国商標訴訟に関する委任状には、領事認証が必要ですか?

中国商標の訴訟手続に係る委任状については、以前は領事認証が必要でしたが、2023年11月7日より、アポシティーユ(Apostille)で足りるようになり、領事認証は不要となりました。

2022/02/28
中国商標

中国商標については、紙の登録証は発行されなくなったのですか?

はい、中国商標の登録証に関しては、2022年1月1日より、紙媒体の登録証は発行されなくなり、電子登録証の発行のみとなりました。

2021/08/30
中国商標

中国においては、同一商標同一商品の重複登録が可能なのでしょうか?

はい、中国商標に関しては、同一商標・同一指定商品/指定役務に係る重複登録が可能です。

2021/04/12
中国商標

中国商標の更新は、6ヶ月前からできますか?

中国登録商標に係る更新手続については、更新期限日の12ヶ月前から可能です。

1 2

公益標章

2016/07/11
公益標章

商 標 :「元祖 日本維新の会」
役 務 : 第41類「技芸、スポーツ又は知識の教授,電子出版物の提供 他」

「元祖 日本維新の会」は、政党の名称変更後においても、当面は出所の混同を防止するために、同一又は類似の商標の登録を妨げるべき事由となるべきものであるところ、要部として印象付ける著名な“日本維新の会”の標章をその構成中に含むものであるから、商標法第4条第1項第6号に該当するとして拒絶されました(不服2015-20434参照)。

2013/11/07
公益標章

商 標 :「健康マイレージ」
役 務 : 第44類「健康管理に関する指導及び助言(略)」他

「健康マイレージ」は、いくつもの地方自治体が行っている市民、町民などの健康づくりのための事業である『健康マイレージ事業、健康マイレージ制度』を理解させる標章と認められるものであり、地方公共団体が行っている公益に関する事業であって営利を目的としないものを表示する標章と認められるとして拒絶されました(不服2013-3202参照)。

2012/02/10
公益標章

商 標 :「グリンピース\Green Peas」
役 務 : 第41類「娯楽施設の提供,遊戯用器具の貸与,インターネットを通じて行うゲームの提供」

「Green Peas」は、審査では、環境保護団体Greenpeaceの著名な標章と類似するとして拒絶されましたが、審判では、Green Peasは『青豌豆』を意味する語であり、また、末尾でsとceの差異があることから、たとえ称呼において類似するとしても、外観及び観念において十分に区別し得る差異を有するとして登録になりました(不服2010-29574参照)。

2012/01/03
公益標章

商 標 :「GoldeniSO」
商 品 : 第 6 類「金属及びその合金,金属製のケーブル及びワイヤ(略),金属製管,金庫」
    第17類「ゴム・グタペルカ・石綿・雲母,金属製でないフレキシブル管」

「GoldeniSO」は、Goldenは「金色の。素晴らしい。最高の。」等の意味を有し、色彩表示又は誇称表示として普通に使用されており、また、外観上も色彩の違いから容易にGoldenとiSOに分離して看取されることから、国際標準化機構の著名な略称である‘ISO’と類似する商標といわざるを得ないとして拒絶されました(不服2011-650002参照)。

2011/05/27
公益標章

商 標 :「ISOMETRE」
商 品 : 第14類「カフスボタン,ネクタイピン,指輪,ブレスレット,イヤリング,ネックレス,時計 他」

「ISOMETRE」は、外観上一体的に表され、「イソメトレ」等の称呼も格別冗長でなく、“ISO”と“METRE”に分断して把握すべき特段の理由もなく、“ISO”の文字部分のみに着目し、独立した識別標識として認識するというよりも、むしろ、構成文字全体で特定の意味合いを有しない一種の造語と認識するとして登録になりました(不服2008-650112参照)。

2011/05/26
公益標章

商 標 :「ISONITE\イソナイト」
商 品 : 第1類「化学品」

「ISONITE」は、外観上一体として把握し得、「イソナイト」の称呼も淀みなく一連に称呼し得ることから、たとえ“ISO”が著名な略称であるとしても、直ちに“ISO”のみに注目し、識別機能を果たし得る文字部分と認識するとはいい難く、むしろ、構成文字全体をもって一体不可分の造語と認識するとして登録になりました(不服2008-17369参照)。

2011/05/25
公益標章

商 標 :「isoPRO」
商 品 : 第9類「高速測定データ用収集装置,データーロガー,測定機械器具 他」

「isoPRO」は、外観上容易に“iso”と“PRO”に分離して看取され、かつ、常に一体不可分としてみなければならない特段の事情もなく、各文字の結合度は決して強いとはいえないから、本願商標は、国際標準化機構を表示する標章であって、著名な略称“ISO”と類似のものを含む商標といわざるを得ないとして拒絶されました(不服2008-8047参照)。

2011/05/24
公益標章

商 標 :「ISOMIL」
商 品 : 第5類「食餌療法用飲料,食餌療法用の食品調整剤,乳幼児用粉乳,乳児用食品」

「ISOMIL」は、審査では、国際標準化機構の略称として著名な“ISO”の文字を有するとして拒絶されましたが、審判では、“ISO”と“MIL”とに分断して把握しなければならない特段の理由はなく、構成全体で特定の意味合いを有しない一種の造語と認識され、国際標準化機構を想起するとはいい難いとして登録になりました(不服2010-21818参照)。

2011/05/23
公益標章

商 標 :「Iso Volume Technology」
商 品 : 第 9 類「データ処理用プログラム」
    第10類「医療用診断装置,磁気共鳴断層撮影用の医療用機械器具,プロトン画像用の医療用装置 他」

「Iso Volume Technology」は、スイス・ジュネーブに本部がある『International Organization for Standardization』(国際標準化機構)の著名な略称の標章『ISO』と類似する“Iso”の文字を有するから、これを一私人に独占させることは、同機構の権威の尊重や国際信義上からみて好ましくないとして拒絶されました(不服2009-650049参照)。

  • 外国商標Q&A
  • 審決Q&A
trademark@jpbrandz.com